京都・嵯峨嵐山 福田美術館 -FUKUDA ART MUSEUM- 2019年10月開館

2019年10月、京都・嵯峨嵐山に
「福田美術館」開館。

館長からのごあいさつ

Greeting

100年続く美術館をめざして。

私の父である当館のオーナーは、京都に生まれ育ち、京都で起業いたしました。常日頃から、「事業を続けられたのは地元のみなさまの厚いご支援があってこそ」という想いを抱いていたところ、素晴らしい美術品と巡り合い、またこの嵐山の地にご縁をいただくことができました。そこで、「いつか京都への恩返しをしたい」という想いを実現させるべく、美術館の建設を決意したのです。

以来15年にわたり、美術品の収集に励んでまいりました。江戸時代から近代にかけての主要な画家の作品で構成されるコレクションは約1,500点。中でも京都画壇の作品には特に力を入れております。

古来より歌枕として詠まれてきた嵐山は、多くの貴族や文化人に愛され、芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉でした。現在は日本有数の観光地として世界中から観光客が訪れる場所となっております。四季折々に移り変わる嵐山と清らかな大堰川の流れ、その風景に溶け込む渡月橋。このような美しい自然によって育まれた土地に、日本が誇る芸術家の作品をご覧いただける場所をつくり、日本文化の発信と継承に貢献したいと考えております。

私たちの夢は、100年続く美術館となること。いつ見ても飽きることのない嵐山の美しい景色とともに、かけがえのない芸術・文化を、後世に伝えていく存在になれるよう努めてまいります。

福田美術館館長川畑 光佐

福田美術館について

About

美しい自然と日本美術の融和。
日本文化の新たな発信拠点として。

福田美術館の建つ場所は、古来より多くの貴族や文化人に愛され、
芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉となった嵯峨嵐山。
今や日本国内だけでなく世界中からの人々が訪れる観光地となっています。
この美しい自然とともに日本美術の名品を愉しんでいただくことで、
嵐山が世界有数の文化発信地となることを願います。

嵐山にふさわしい、
未来に向けた日本建築の形。

福田美術館の建築は、伝統的な京町家のエッセンスを踏まえつつ、
これからの100年のスタンダードとなるような新しい日本建築を志向しています。

コレクション

Collection

錚々たる有名画家の作品、
幻のコレクション。
誰もが感動するラインアップ。

福田美術館は、江戸時代から近代にかけての、主要な日本画家の作品で構成されるコレクション約1,500点を有しています。「たとえ美術に詳しくない方が見ても、感動を与えられるような」作品がコンセプト。中でも、京都画壇の作品には特に力を入れており、注目すべき初公開のものや、幻の作品が多数含まれます。

展覧会

Exhibition

開館記念
「福田美術館開館記念展(仮)」を開催。
秘蔵の作品を多数、初公開。

2019年10月1日(火)~2020年1月13日(月・祝)に、開館記念展を開催予定。会期を前後期に分け、完全入替で福田コレクションの中から約120点以上の作品を展示いたします。狩野探幽の「雲龍図」など、本邦初公開のものも!ぜひご期待ください。

  • 円山応挙「厳頭飛雁図」
  • 葛飾北斎「大天狗」
  • 速水御舟「春眠」
  • 俵屋宗達「益田家本 伊勢物語図」

アクセス

Access

福田美術館 アクセスマップ

福田美術館

616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16

開館時間 10:00~17:00 ※ご入館は16:30まで

休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)、展示替え期間、年末年始

入館料 一般・大学生:1300円 高校生:700円 小中学生:400円

交通アクセス
JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩12分
阪急嵐山線「嵐山駅」下車、徒歩11分
嵐電(京福電鉄)「嵐山駅」下車、徒歩4分

敷地面積:1982㎡ / 延床面積:1193.58㎡ /
展示室1:151.2㎡ / 展示室2:175.4㎡ /
展示室3:64.5㎡

プレス関係者の方へ

Press

以下は、プレス関係者の方へのご提供資料です。
媒体掲載以外の目的でのご使用はご遠慮ください。

「福田美術館」広報事務局(ウインダム内) 担当:沼澤、多田
TEL 03-6661-9448 FAX 03-3664-3833
Email
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-9-4F
「福田美術館」広報事務局

※取材のお申込み、PR用写真等資料のご請求は、広報事務局までお問合せください。