2024年7月5日(金)

特別展 開館5周年記念京都の嵐山に舞い降りた奇跡!! 伊藤若冲の激レアな巻物が世界初公開されるってマジ?!

おかげさまで、京都・嵐山の福田美術館も10月1日で開館5周年を迎えることとなりました。これを節目として、さらに多くの方に気軽に日本美術に触れていただけるように努力を重ねてまいります。
5周年を記念して特別開催するのは、略称「若冲激レア展」。世界初公開となる伊藤若冲《果蔬図巻(かそずかん)》を、福田美術館が所蔵する若冲の作品約30点と共にお披露目します。

《果蔬図巻》は寛政3年(1791)、若冲が76歳の時に描かれた全長3メートル余りの大作で、若冲ならではの美しい色彩を用いてさまざまな野菜や果物が描かれた巻物です。70代で色絵を描いた例は少なく、重要文化財に指定されている「菜蟲譜(さいちゅうふ)」(佐野市立吉澤記念美術館所蔵・重要文化財)の前年に描かれていることから、今後若冲に関する研究を進める上で大きな意味を持っていると言えるでしょう。

また、若冲と深い親交を持っていた相国寺の僧・梅荘顕常(大典)(1719-1801)の直筆による跋文(ばつぶん)が、巻物の最後に添えられており、《果蔬図巻》の価値をより高めています。大典は本作を絶賛すると共に、依頼者や若冲との交流についても述べており、史料としても大変貴重です。

本展覧会では《果蔬図巻》に加え、当館が所蔵する若冲の作品約30点を一挙公開。現存する若冲の作品の中で最も若い時期に描かれたとされる《蕪に双鶏図》や、大典と共に淀から大阪へ旅をした時の思い出を元に制作された版画《乗興舟》も展示。また、若冲が影響を受けた白隠禅師や中国清の画家沈 南蘋、相国寺の僧・梅荘顕常(大典)をはじめとする友人たちの作品も併せて展示することで、未だ謎が多い若冲の人生を垣間見るような構成となっています。この秋は、紅葉の嵐山で若冲にどっぷり浸ってみませんか。

※なお、本展では殆どの作品が通期展示となっており、一部の屏風作品のみ右隻・左隻の入れ替えを行う予定です。

展覧会概要

タイトル   開館5周年記念 京都の嵐山に舞い降りた奇跡!! 伊藤若冲の激レアな巻物が世界初公開されるってマジ?! (略称:若冲激レア展)
会期

2024年10月12日(土)~2025年 1月19日(日)
前期:10月12日(土)~12月2日(月)
後期:12月4日(水)~1月19日(日)

開館時間  10:00〜17:00(最終入館 16:30)
 休館日 

12月3日(火)展示替え(一部の屏風のみ、右隻・左隻の入れ替えを行う予定です)
12月30日(月)~1月1日(水)年末年始

場所

福田美術館   (京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16)

入館料

※オンラインチケット・イベントチケットは9月以降に販売開始を予定
一般・大学生:1,500(1,400)円
高校生:900(800)円
小中学生:500(400)円
障がい者と介添人1名まで:各900(800)円

※( )内は20名以上の団体 料金
※幼児無料


嵯峨嵐山文華館との二館共通券
一般・大学生:2,300円
高校生:1,300円
小中学生: 750円
障がい者と介添人1名まで:各1,300円

福田美術館のオンラインチケットをご利用の方は、嵯峨嵐山文華館を団体割引料金で利用可能。従って、共通券と同じ金額で両館を利用することができます。オンラインチケットには利用日に制限がありますが、9:30から入れる朝活チケットもございます。ぜひご利用ください。

  後援   京都府 京都市 京都市教育委員会