2023年6月1日(木)

ゼロからわかる江戸絵画 ーあ!若冲、お!北斎、わぁ!芦雪ー

美術ファンも初心者も楽しめる!江戸絵画の名品114点が勢揃い

江戸時代の絵画と聞いて何を思い浮かべますか? 葛飾北斎や伊藤若冲など、江戸時代に活躍した画家たちが国内外で大きな注目を集めています。

福田美術館、嵯峨嵐山文華館が合同で開催する本展では、北斎や歌川広重の浮世絵、伊藤若冲の鶏、円山応挙や長沢芦雪の仔犬など誰もが一度は目にしたことがある江戸絵画の優品計110点あまりを、江戸絵画の基礎知識や鑑賞ポイントと共にご紹介いたします。日本画に精通している方はもちろん、江戸絵画に触れたことのない方でも楽しんでいただける展覧会です。

第1会場:福田美術館

ギャラリー1では、17世紀から18世紀にかけて京都で活躍した画家たちの作品を展示いたします。地元京都において、現在に続く日本画の礎を築いた円山応挙、近年爆発的な人気を得た伊藤若冲、また、本展覧会の目玉となる52年ぶりに再発見された《大黒天図》を描いた長沢芦雪など、幅広い層の人々を対象としてフリースタイルで絵画を描いた彼らの魅力をお楽しみください。

江戸時代、室町時代から続く「狩野派」と呼ばれる集団が、幕府御用達の画家として主流となっていました。彼らは江戸城や京都・二条城をはじめ大型建築の障壁画を手がけました。伊藤若冲や円山応挙も、絵を習い始めたばかりの頃は狩野派に師事しています。しかし、京都と江戸においてどこかに弟子入りすることなく、尊敬する画家の作品を手本に学び、その表現方法を継承しようとする作家たちが現れます。それが「琳派」と呼ばれる画家で、俵屋宗達に学んだ尾形光琳・光琳に学んだ中村芳中などが知られています。2階のギャラリー2では、狩野派や琳派による美しい屏風絵などが並びます。

また、パノラマギャラリーでは、日本絵画の流れを意識しつつ、現代絵画の可能性に挑戦する現代作家、品川亮による個展「Re:Action」を開催いたします。

第2会場:嵯峨嵐山文華館

庶民の生活や流行、役者などを題材にした「浮世絵」は版画技術の発達によって、現在の雑誌や広告物のような新たなメディアとして大都市の江戸で人気を博しました。第2会場の嵯峨嵐山文華館は、自らを“画狂”と称した葛飾北斎による《大天狗》や《墨堤三美人図》をはじめとする貴重な肉筆浮世絵の世界をご紹介。 また2Fの畳ギャラリーでは、誰もが知っている歌川広重の「東海道五十三次」の版画55点を、前期後期に分けて一挙公開いたします。

 

ゼロからわかる江戸絵画 チラシ

展覧会概要

タイトル ゼロからわかる江戸絵画 ーあ!若冲、お!北斎、わぁ!芦雪ー
会期

2023年10月18日(水)~2024年 1月8日(月・祝)
前期:10月18日(水)~12月4日(月)
後期:12月6日(水)~2024年1月8日(月・祝)

開館時間 10:00〜17:00(最終入館 16:30)
休館日

12月5日(火)展示替え、年末年始:12月30日〜1月1日

場所

第一会場 福田美術館   (京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16)
第二会場 嵯峨嵐山文華館 (京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11)

入館料

一般・大学生:1,500(1,400)円
高校生:900(800)円
小中学生:500(400)円
障がい者と介添人1名まで:各900(800)円

※( )内は20名以上の団体 料金
※幼児無料


嵯峨嵐山文華館との二館共通券
一般・大学生:2,300円
高校生:1,300円
小中学生: 750円
障がい者と介添人1名まで:各1,300円

福田美術館のオンラインチケットをご利用の方は、嵯峨嵐山文華館を団体割引料金で利用可能。従って、共通券と同じ金額で両館を利用することができます。